似顔絵を書く際のペン選びについて

似顔絵は学校の美術の授業なので、友人の顔を書いたりと誰もが経験したことがあります。ですが人の顔というのは同じパーツなのにバランスを取るのが難しく苦手と感じる人はとても多いです。実際似顔絵かくにはどうしたらいいか分からない人も多いですが、まずは書くための道具選びから始めてみると良いです。プロが使用しているような油絵などを使う必要は全くありせん。似顔絵を描くのに必要なのか書くことができる道具があれば問題はありません。なので身近なボールペンでも鉛筆でもマジックでもなんでも良いです。描く道具によって絵の見え方やタッチに違いはでてきますが、書くこと事態に変わりはないので特別何かを購入する必要などもないです。まずは自分が普段から使用しているシャーペンなどもおすすめです。上手に書く前にまずは使いやすいペンを選ぶことから始めるとよいです。

似顔絵を書く際の書き方について

似顔絵は人の顔を似せて書く手法になりますが、人の顔はバランスを取ることことがとても難しいです。笑ってる顔や泣いているかどなど様々な表情があり、それらを表現するのは大変です。では実際に書く際の書き方として、様々な手法があるのでそれらを利用すると良いです。ペンでただ線をつなげる書き方もありますが、早書きという方法や水筆を使用する方法に厚塗りなどもあります。べた塗りやぼかしといった手法などがあります。実際に書いている人に似ているかどうかはおいといて、様々な手法を取り入れて書いてみると良いです。手法によって絵の見え方や特徴などに大きな変化がうまれ、仕上がったあとに似顔絵を書くという事に対して参考にすることができます。つぎまたあらたに書く際には、経験した手法を元にどんどん自分自身で工夫を加えることができますで色んな書き方に挑戦してみるとよいです。

似顔絵をかくコツについて

似顔絵は人の顔をどれだけ似せて書けるかが大切になりますが、人の顔は同じパーツをしかないのにとても難しいです。モデルによって顔の形や目の形など形や大きさなど同じものは全くないので、似顔絵を書くのは絵を描くなかでも難しいとされています。では実際にどのように書いたら良いかですが、まずはコツをつかむことが大切です。書くということにだけ集中するのではなく、モデルの人とのコミュニケーションをはかったりデフォルメと考えたりすることも重要になります。また上手や下手といった評価を気にせずに自分が思うままにかく勢いなども大切になります。顔の特徴を見つけたりか髪形に注目してみたりと、似顔絵を書くにも紙とペン以外に様々なことを駆使して仕上げることになります。モデルのひとを想像し、その人らしさを表現するためにポーズや色の選び方などトータルして書くことがコツでありポイントとなります。